さらにワンランク上の髪へ!今すぐデラックスキットを 注文する
リスクゼロ 60日間返金保証  商品容器を 返品していただければOK! 詳しくはこち
愛用者モデル大募集

ウェン コラム髪の毛や地肌ケアのノウハウをご紹介

知っているようで知らない? シャンプーの成分のマメ知識

髪の毛や地肌ケア

普段シャンプーを選ぶとき、みなさんは成分表示をしっかりチェックしていますか?シャンプーには界面活性剤・シリコン・アミノ酸など様々な成分が含まれていますが、その成分の種類や配合量によって保湿効果や使用後のサラサラ感などが異なります。

髪の毛だけでなく、頭皮の脂や水分量などにも影響しますので、購入時にはきちんと確認するのがベターです。

サラサラ、保湿、脂のセーブ……目的に合ったシャンプーを選ぼう

私たちが毎日何気なく使用しているシャンプーには様々な成分が含まれており、その成分は製品によってそれぞれ異なります。
メジャーなものをあげると、界面活性剤・シリコン・ラウリル硫酸Na・アミノ酸などです。「なんとなく名前は聞いたことはあるけれど、それがどんな成分なのかは具体的には知らない…」という人も多いのではないでしょうか。

各成分にはそれぞれの効果やメリットがあり、同時にデメリットが存在する場合もあります。どんな成分のシャンプーを使用するかによって髪の毛や頭皮のコンディションが変わってきますので、本当に自分に合ったシャンプーを選ぶためにも、各成分の特徴をしっかりと理解しておきましょう。

成分によって異なる、洗いあがりのサラサラ感や保湿力

まずは、一般的な成分の特性を覚えておきましょう。

◆界面活性剤
水にも油にもなじみやすい界面活性剤は、シャンプーやトリートメント剤のほとんどに含まれている成分です。
髪の毛や頭皮の汚れ、脂を洗浄するためと「泡」を作る働きがあります。界面活性剤の一種である、ラウリル硫酸Naは、余分な脂を除去してくれる脱脂力がありますが、肌がデリケートな人は合わない場合もあるので、事前にパッチテストをするとよいでしょう。

◆シリコン
コーティング剤の一種で、髪に皮膜を作る働きがあります。
この皮膜によって仕上がりにサラサラ感が増します。髪が皮膜で少し重くなるぶん、髪の毛が広がりやすい人も落ち着かせることができます。また、頭皮や髪の摩擦を防ぐ役割もあります。水で簡単に流れる「水溶性タイプ」と水では落ちにくい「油溶性タイプ」の2種類です。

◆アミノ酸
やや泡立ちが悪いという点もありますが、低刺激でマイルド。保湿成分の高い製品が多いのも魅力的です。敏感肌の人でも比較的安心して使用できる成分です。

◆保湿成分
髪の毛や頭皮をしっかり保湿したいときには、保湿成分がどのくらい含まれているかをチェックしましょう。最近はアーモンド・ハチミツ・ツバキオイル・茶花エキス・シルクなどが人気です。

界面活性剤の少ないシャンプーでサラサラ感ゲット&脂もしっかりオフ

シャンプー成分をチェックするときに気をつけて欲しいのが「界面活性剤」です。
界面活性剤には汚れを落とす作用がありますが、種類や配合量によっては、髪の毛に余分なダメージを与えてしまう危険性もあります。界面活性剤の種類によっては、肌のバリア機能を弱めてしまったり、強い脱脂力によって角質層の皮脂を取り過ぎてしまう可能性もあります。

そこでおすすめなのが、界面活性剤を極力使用していないクリームタイプのシャンプー

「泡が立たないと汚れが落ちていないんじゃない?」と言われることもありますが、実は泡立たなくても髪の毛の汚れや脂はしっかり落とすことができるのです。
頭皮にクリームをつけて指でもみこむことで、頭皮のマッサージ効果も期待できます。マッサージで血行を促進して頭皮が健康になれば、髪のサラサラ感も格段にアップしますので、ぜひ一度お試しください。

チャズおすすめ

  • ベーシックセット

    ベーシックセット

    素晴らしいバランスで配合されたウェンで、これまでのまとまらない髪とはさよならしましょう!

    ご注文はこちら
  • デラックスセット

    デラックスセット

    ベーシックセットに日中もケアできるミストと、集中ケアのトリートメントをプラスし、さらにワンランク上の髪へと導きます。

    ご注文はこちら
Copyright (c) The Proactiv Company KK. All rights reserved.